STORY

「幸えびとトマトの卵炒め」開発秘話
幸えびの“キレイな味”と旨みの余韻を、家庭へ。
山口浩シェフが考える「クラフトフィッシュ」の進むべき道
「クラフトフィッシュ」を選ぶことが海の資源を守る活動にリンクしているのだということを、多くの人に伝えていくことが大切
「つきみいくら」開発秘話
Smolt代表 上野 賢さんが駆け抜けた1年を振り返る。