沖 太一

Taichi Oki
沖 太一
Taichi Oki
「リストランテ ル・ミディ ひらまつ」料理長

料理を通して驚きや楽しさも届けたい

出身地の静岡県はもちろん、全国各地の生産者のもとへと足を運び、食材が育てられる風景や空気、そして生産者の想いを肌で感じ、そのインスピレーションを昇華させて料理を作っていると語る「リストランテ ル・ミディ ひらまつ」の沖太一シェフ。

まずは自分が驚き、楽しいと感じたことを料理という形を通してお客様にお届けすることで、食に貪欲で新しい物に敏感な関西のお客様に満足していただけること、そして、美味しいことはもちろん、食事の時間を「楽しい!」と感じていただけるように常に心がけているとも語ります。

その料理はイタリア料理の枠にとらわれることなく、フランス料理や和の要素も盛り込んだ、驚きと楽しさの連続です。

沖 太一シェフのお料理

CHEF’S VOICE:
CRAFT FISHの活動を通じて地域に貢献したい

今回、CRAFT FISHの活動に参加し、愛媛県の養殖真鯛を使わせていただきました。新たに開発された、なるべく脂を抑えて育てられた真鯛です。今までの養殖魚のイメージの逆転の発想です。味の印象は養殖特有の餌の臭みが全くなく、ほどよく脂がのっているので、刺身でも焼きでも蒸しでも、様々な用途に使用できると思いました。

また、その特徴を活かして、養殖魚ではあまり使用しなかった骨やあらなどから極上の出汁が取れます。今までのレストランでは、養殖魚の骨やあらなどは脂臭く使用しませんでしたが、生産者の努力によって改善されているのです。

このように生産者の食材への探求は、日々進化しています。今の時代は養殖だから劣っているという固定観念を持つよりも、生産者によって進化し続けているクオリティの高い養殖魚も推奨していくべきなのです。

これからも生産者や食材に感謝を抱きながら、食材を通じて地域を盛り上げられるような活動にも取り組んでいきたいと考えています。

PROFILE

Taichi Oki
沖 太一
Taichi Oki
「リストランテ ル・ミディ ひらまつ」料理長


1982年生まれ。静岡県出身。代官山「リストランテASO」や銀座「アルジェントASO」で修業を積む。2012年、ひらまつ初の大阪出店となるフランス料理店「ラ・フェット ひらまつ」の立ち上げメンバーとして大阪へ。2014年、「リストランテ ル・ミディ ひらまつ」のオープンに伴い異動、2015年に料理長に就任。